平成30年11月20日(火)「練馬区の図書館専門員ってなーに?」に参加して【レポート編】

ストライキ―①労働条件に維持・向上その他の目的を実現するために、労働者が集団的に業務を停止すること。ストライキ権は、団結権・団体交渉権と共に労働者の基本的権利に属するが、公務員・国営企業職員・地方公営企業職員は法律によって禁止される。(『広辞苑 第五版』・1998・岩波書店)

このストライキという言葉が、図書館の現場で働く人たちから掲げられたことに衝撃を受けられた方も多いのではないでしょうか。練馬区が直営で運営する公立図書館2館について民間に運営を任せるという動きがあり、そのことに反対する当該図書館等で働く非常勤職員「図書館専門員」の方々が立ち上がり、ニュースに取り上げられたり、SNS上でも大きな話題となったのは記憶に新しいところです。

その動きですが、Twitterでの情報によれば平成31年1月21日の団体交渉で、 石神井、練馬図書館への指定管理者導入の提案は妥結となったとのことです。

(ソース元はこちら→https://twitter.com/nerisen_lib/status/1090903310582788096)

さて、この記事では、このストライキの動きに先立つ昨年の11月20日(火)、標題練馬市役所で開催された標題の交流会のレポートをしたいと思います。その当時は「区立図書館2館の指定管理者制度を導入しての運営に反対するための集会」といったニュアンスだったと記憶しています。私自身、練馬区の図書館は身近な存在ということもあって、時間休を取って参加してきました。

前置きが長くなりましたが、今回はそのことについてレポートをしておきたいと思います。手元に控えたメモ書きをもとにして書いていくことになるので、実際に話されたことと少し食い違いなどがあるかもしれません。もし何かございましたら、ご意見、ご指摘などいただければ幸いです。

この集会は「図書館専門員との交流会」とチラシにあったように、図書館専門員の方達が市民の人に自分たちの仕事について知ってもらうための集会と位置付けられているようでした。会全体としては、第一部が図書館専門員の仕事内容などの紹介、第二部が図書館専門員の置かれている現状についての報告の構成、という二部構成です。ちなみにですが、会の最初に「指定管理者の是非を問うための集まりではない」という断りがあったことを付記しておきます。

まず第一部ではパワーポイントのスライドを使って、図書館専門員の仕事内容の紹介がありました。日々の業務について、具体例を交えたレファレンスについての説明、地域資料を生み出すということ、児童サービスについてなどの説明がクイズ形式も交えつつ紹介されていきます。

そして、その後に質疑応答があり、

(1)本を除籍する際の基準や選択について

(2)選書について

(3)除籍した本とリサイクル資料の行き先について

(4)除籍と本を置くスペースの問題について

(5)マンガの取り扱いについて

以上の5つの質問があり、いずれの質問にも図書館専門員の方々が丁寧に回答されている姿が印象的でした。

そして第二部は、「練馬区立図書館専門員の現状」というテーマでお話です。ここで手元のメモを見返すと、「練馬図書館のカウンターを取り返した」、「根幹的業務が大事、それを維持するのは直営でないと出来ない」とあります。カウンター業務に比重を置かれていること、公共図書館を運営するに当たっては直営の方が望ましいというようなお話がされていたように記憶しています。

図書館専門員の方々が受ける研修についてもお話があり、国立国会図書館、東京都立図書館、図書館総合展、図書館大会や、さらに自己研修として様々な場所に行かれているとのこと。その流れで、「森羅万象について根拠を示せる」ことが図書館の強みだということが話されています。

そして、次に練馬区との団体交渉についての話になります。この集まりの核心と言える部分かもしれません。冒頭に書いたように、練馬区が直営で運営する公立図書館2館について民間に運営を任せるという動きについて、現状がどのようになっているかというお話でした。

その中でも「練馬区立図書館のカウンターに立ちたい」。そのことを切実な口調でおっしゃっていたのが強く印象に残る内容でした。だからこそ「今を失うと行き場がない」と。練馬区からは、練馬区立図書館から区内の学校図書館へ配置換えの提案があったとのことなのですが、それは受け入れられるものではないとのことでした。

以上を結びとして、第二部のお話は終了し、全体の質疑応答へと入ります。

まず「労使協定は1月までなのか?」という質疑が挙がりました。その質疑については会場内にいた練馬区議会議員の方にマイクが向けられ、 「この件に関して要望と陳情は行っている、12月中に議会を開きたい」とのこと。またこの議員の方から「民間の方がサービスに寄与する根拠を示してほしいという資料請求をした」とのお話もありました。

その後に、過去に指定管理者制度のもとで運営されている図書館で勤務経験のある図書館専門員のお話がありました。実体験に基づいた指定管理者制度のもとで公共図書館が運営されることへの弊害というような内容でしょうか。

具体的には、「10年間勤めていたが、2度目の更新時に選定されなかった」、「引継ぎのノウハウが共有されない」、「おはなし会が出来ない」、「イベントを開催しろという会社の方針があった」、「委託で職員を採用する際に司書資格が無くでも採用してしまう」、「更新毎に雇用とノウハウがリセットされてしまう」という内容のエピソードが語られました。

そして全体の最後として、組合の委員長を会場全体で激励するという流れで「練馬区の図書館専門員ってなーに?」は締め括られました。

以上が、「練馬区の図書館専門員ってなーに?」に参加しての内容的なレポートになります。私自身、過去に図書館で働いていた身として様々な想いを抱きましたが、所感の方はまた次回の記事にアップしようと思っています。

図書館司書の転職記・その3~所感編~

ブログをご訪問いただきありがとうございます。

今回は「図書館司書の転職記・その3~所感編~」として、転職活動の中で感じたことや考えたことをまとめてみようと思います。

前回、前々回のエントリーは下記をご覧ください。

図書館司書の転職記・その1~前提編~

図書館司書の転職記・その2~実行編~

図書館司書からの転職活動は、私にとって非常によい経験となったと感じています。それは私の中での見聞が広がったこと、また自分自身を転職市場という場に出したことで見えてきた部分でもあります。

転職活動を始めるまでは、正直に言って不安が大きかった。学生時代にきちんと「就活」をしていなかったこともあって、就職活動について未知数な感触があったことが尚更に不安を強くしていたのではないかと思います。また、過去に正規職員として働いた経験がなく、そのことも不安を煽る一因でした。

しかし転職活動を始めてみて、思っていた以上に手応えがありました。幾つか応募した企業の中で書類選考を幾つか通過したのです。業種は広報であったり、営業であったり福祉の仕事であったりしたのですが。全く箸にも棒にも引っかからない状態ではなかった。それは、私が文章を書くのが得意で書類を上手く作れたからかもしれないし、学歴が評価されたのかもしれないし、今までの来歴が評価されたのかもしれないし、その業種の面から言って需要が高かったからかもしれない。そこには様々な理由が相俟っていたとは思います。

今まで図書館司書の正規職員に手当たり次第にと言ってもいいくらいに応募していて悉く書類で弾かれていた中で。面接までいけるということが自信を与えてくれました。年齢や今までのキャリアを鑑みて、少し悲観的になっていたところをあったのですが、それらの不安は良い意味で裏切られました。

この世の中には本当に様々な仕事があるんだと気付かされたことに大きな意義がありました。図書館だけが世界ではないし、今まで図書館でしか働いたことがないからといって図書館に拘ることはない、そんなことを改めて気付かされた思いです。図書館業界も言ってしまえば一つのローカルな業界であり、そこに拘泥していた自分の愚かさを発見が出来たこと、また外の世界に出ても何とかならないことはないと実感が出来たことは大きな収穫でした。

その流れで言えば、私自身の年収が低過ぎるという現実も目の当たりにしました。転職サイトの求人には年収や各種手当等が詳しく記されているのですが、自分自身が働いていた待遇と突き合わせてみた時に「うわー!」となりました。非正規とは言え管理職として働いていたのにも関わらず、流石にこの年収ではヤバいなと実感しました。直近で私が働いていたところが云々というわけではなく、図書館業界全体の問題としてのことだとは思うのですが。

また例えば、司書の正規職員の求人が出ても、給与の面では「規定による」としか書かれていないことが多い。でもそれって、あまりフェアではないと思うようになりました。私が結果的に転職したところでは、「年収を今現在より下げない」という考えを伝えたところ、電卓を出して基本給が幾ら、各種手当が幾らと計算をして、大体の給与の額を示してくれました。シビアだなあと思う反面、働くということはこれくらいシビアでないといけないなと感じました。今の図書館業界では「正規職員の司書」というだけで応募は多数あるとは思うので、そこはどうなんだろうかという感じです。

自分自身を転職市場という場に出してみる、それは一つの気付きを得られる良い機会だと思いました。前回のエントリーでも少し書きましたが、「『図書館』という枠組みを外してみた時に、何が残り、何を強みになるかを検証する過程」は、自分を見つめ直すことが出来たように思います。

また、外からの図書館業界のイメージを知ることが出来たのも新しい気付きでした。決まって「本がお好きなんですね」というようなことを言われる。自分自身が思っていた以上に、そんなイメージは根強いのだなと痛感させられました。図書館で働くイコール本が好き、というステレオタイプなイメージ…。図書館業界は、もっと外に向けて発信・PRしていくことが必要なのではと改めて思いました。

そろそろ、まとめに入ります。先にも書いたように私は学生時代にきちんと「就活」をしていなかった。そのことを補完する意味で今回の転職は大きな意味があったのではないかと思います。新卒の頃とは違ってネームバリューのあるところには入れなかったかもしれない、長く学生をやっていたせいで「失われた年月」のようなものがあるのかもしれない、でも自分はこの選択肢を積極的に選び取ったし、そのためには今までのプロセスが必要だったのだと思いたい。

そんな想いを胸にして、これから頑張っていきたいと思います。

長くなってしまいましたが、ここまでお読みいただき、本当にありがとうございました。

 

図書館司書の転職記・その2~実行編~

図書館司書の転職記録、今回はその1に引き続いて「その2~実行編~」です。今回は転職を決意してからどのようにして転職活動を行ったのか、その記録をまとめたいと思います。

前回の転職に至った経緯について書いた「図書館司書の転職記・その1~前提編~」を参照ください。下記のリンクになります。

図書館司書の転職記・その1~前提編~

転職することを決意したのが2017年の終わり頃、その際に下の4つを自分自身の中で条件として設定しました。

①図書館という枠組みを外すこと

今までは図書館での正規雇用ありきという考え方でした。しかし、その考え方のままで一向にらちが明かない。そこで考え方を反転させて、今まで以上に稼ぐことありきの職場に移れるよう、考え方の優先順位を設定し直しました。図書館職員としての正規雇用といっても、公共、大学、学校、専門など様々図書館があり、法的にみてお異なるもので規定されている通り、館種によって求められるスキルや専門性も異なってきます。それらを正規職員という枠組みで括ってしまうのは、少し乱暴なのではないかという思いもありました。

②2018年の4月1日からは新しい職場で働くこと

無理にでも期限を切ることによって、そこから逆算することになりスケジュールが組み立てやすくなりますし、自分自身に良い意味でプレッシャーを与えることが出来ると考えました。また、図書館職員の正規雇用の求人が出る度に応募していたように、その都度その都度ではなく、転職する前提で物事を運ぼうという気持もありました。自分自身を完全に「転職する」という状態にもっていくということです。

③年収を今現在より下げないこと

転職しようと決意した前提を考えてみれば言わずもがなです。

④昇給等の、頑張っただけのインセンティブがあること

今まで図書館職員として非正規雇用という条件で働いてきた中での、働くこと自体のモチベーションに関わる問題でした。図書館業務の中でイベントなどの業務は増えていく、そんな中で自分自身がスキルアップしていっても昇給等の見返りがないために、働くモチベーションに決して少なくはない影響を与えていました。

 

では実際にどのように転職活動をしたのか、それは至ってシンプルです。転職サイトに登録し、職務経歴書、自己PR、Web履歴書なども転職サイトに登録しました。そして、身近な人、時にはハローワークの窓口の人にも相談に乗ってもらいながら、様々な求人に応募するという形でした。大変だったのは、業種をどうするかということです。転職を決意して期限を切っても、図書館という枠組みを外してみた時に自分自身がどんな仕事がよいのかというところから模索しなければならなかった。それは、私から「図書館」という枠組みを外してみた時に、何が残り、何を強みになるかを検証する過程でもあります。企画広報の仕事、教育系ということで大学職員、出版社、営業…。様々な業種に応募しましたが、それは自分自身の中で対話しながら、また周りの人の意見も判断材料にしながら手探りでという状況でした。

ここで結果を言ってしまえば、社会福祉の仕事に就くことになりました。福祉の仕事というとまた「給料が安い」というイメージがあるかもしれませんが、私が転職サイトを見ていた感覚では「思ったよりも安くはない」という範疇でしたし、また賞与や住宅手当等の待遇も一般的にある。一般的な企業に比べれば安いと思うのかもしれませんが、図書館職員として非正規で働くことを考えればずっと恵まれています。また、私自身の性格や特長を鑑みても、この仕事は向いているのではないかという感触があったことも大きな理由です。

そして、結果的に4月1日から」新しい職場に移ることが出来ました。

さて、このエントリーでは、実際に転職活動をしてみての流れについて書いてみました。

次のエントリーでは「所感編」として、転職活動をする中で、様々に悩み、色々と考え、また感じたことを書いてみたいと思っています。

ここまでお読みいただきありがとうございます。

図書館司書の転職記・その1~前提編~

久々の投稿になります。

FacebookやTwitterのTL上ではポストしました通り、2018年4月をもって図書館業界から異業種へと転職する運びとなりました。

転職に至った理由、転職活動をしてみて考えたことや感じたこと、そして図書館業界から離れて思ったことを複数回に分けてになりますが、記録に残しておきたいと思います。今回は転職に至った経緯について書いてみようかと考えています。転職への前提となった事由について、です。

転職の最大の理由は、今後に自分が結婚、また家庭を持つことを視野に入れた時に、それに見合うだけの経済的基盤を築くことが現況のままでは難しいと判断したこと。また、現況の中で正規職への道があったとしても、そのポストを得ることがいつになるのかも見えない状況の中で、年齢的なことを鑑みたとき、流石にもう待てないと思ったことです。

直近の2年8か月は、公共図書館の運営を受託するNPOで現場の管理職として働いてきました。自分一人が食べていく分には、まあ何とかなる。しかし、先に書いたように今後のこと、結婚、また家庭を持つことを視野に入れた時には厳しいと言える待遇ではありました。また、そんな状況下にいたのは下積みの意識もあったことも事実です。私は社会人としてのスタートがだいぶん遅かったから、また望んでいる業界で働けているから、なので多少の待遇の悪さは仕方がないと、そんな思いです。

勿論、そんな中でもゆくゆくは正規職で働きたいという気持はありました。正規の図書館司書の募集があれば館種・場所を問わず書類を出し、また試験を受けてみたりしたのですが、箸にも棒にも引っかからないという状況…。流石にこのままではまずいと思い続けており、そんな中、私自身が一つの区切りを迎える年齢になることもあって、転職を決意した次第です。

また本音ベースでは、一向にチャンスの巡ってこない状況への苛立ちもありました。大卒、働き盛りの30代の男性、意欲もある、そんな人間が人並みの待遇の職を得るどころか、書類選考の段階で簡単に弾かれてしまうという…。

道を抉じ開けられなかった自分自身への苛立ち、そして正規職の数が圧倒的に少ない現状になってしまっている図書館業界への苛立ち、それぞれが半々といったところでしょうか。

以上が、この度の転職についての前提です。最初は司書資格を持たないカウンター業務委託のアルバイトとして、図書館に携わる仕事に関わって4年余り。ゆくゆくは図書館で飯を食っていくと思っていましたが、そんな想いと遂に訣別する時がやってきたわけです。

次のポストでは、この前提編に続き実践編として、私自身がどのように転職活動をして、その中でどんなことを考え、また感じたのかを書いてみたいと思います。