【第1回ブックレビュー】『体幹トレーニング20』:長友佑都

ブックレビュー

 今回はブックレビューの投稿です。これから読んで面白かった本、役に立った本などのレビューを投稿していきたいと思います。

 初回は標題の通りプロサッカー選手の長友佑都さんの『体幹トレーニング20』です。年齢とともに体重が増えてきたことで「何とかしないといけない」と考えていたところ、書店でたまたまこの本を目にする機会があり、値段も税抜きで1000円と安く試しにと思い購入しました。

 結論から言えば、本当に買って良かったと思います。と言うのも、この本に書かれている体幹トレーニングのメニューを実践してみて非常に効くと実感しているからです。今までは筋トレしたりランニングしたり、自分なりに体重増加に歯止めをかけるべく努力はしていたのですが、ただやみくもにトレーニングをしていた感があると今になっては痛感します。しかし、この本を読んで具体的に何のためにどこの筋肉を鍛えているか、それを把握してトレーニングが出来ているように思います。

本書の構成は以下の通りです。

・Chapter1 長友式体幹トレーニング5つのポイント

・Chapter2 長友式体幹トレーニング【ストレッチ編】

・Chapter3 長友式体幹トレーニング【実践編】

・Chapter4 長友式体幹トレーニング【トレーニングメニュー編】

・Chapter5 長友式体幹トレーニング【超実践編】

・おわりに

「はじめに」では、長友選手の体験談を交えた体幹トレーニングの効果や方法について書かれています。ここでこの本の体幹トレーニングで鍛えられる筋肉についてのイラスト入りの説明があります。インナーマッスル(「表層ではない、骨格や内臓に近い深層にある小さな筋肉群」)とアウターマッスル(「大胸筋などの体の表面に近い部分にある筋肉群」)をバランスよく鍛え、「連動する“使える筋肉”」にすることが大事とのこと。またフィジカルを鍛えるだけではなく、メンタル面やトレーニングについて頭を使うことの大切さも書かれています。実際にサッカー日本代表としてヨーロッパの一流クラブでも活躍されている実績のある長友佑都選手の言葉だけに説得力を感じます。

Chapter2からChapter3の中では、10のストレッチメニューと20の体幹トレーニングのメニューが紹介されているのですが、以下の目的に合わせてメニューを組み立てられる図が載っています。

・「ダイエットしたい」

・「腹を凹ませたい」

・「腰痛を解消する」

・「キック力を上げる」

・「ぶれないカラダ」

・「投げる力をつける」

・「姿勢をよくする」

・「疲れないカラダ」

私はその中でも「腹を凹ませたい」と「姿勢をよくする」のメニューを行っています。実際にメニューをやってみて、今まで意識したことのないインナーマッスルが鍛えられている感覚があり、“効いている”感じが凄いです。またどこを何のためにトレーニングしているのかが頭に入っている分、モチベーションも上がり継続が出来ていますし、また先に書いた“効いている”感じが楽しくもあります。

感動のあまり家族や知人に勧めてみたのですが、好評です。ただ体幹トレーニングやインナーマッスルという言葉を使うと、ボディービルダーのように鍛えることをイメージしてしまうようなので、その辺りの伝え方は」要注意かもですが…。

 巷には様々なダイエット本、ダイエット方法が溢れ返っている感がありますが、私個人としては長友佑都選手の『体幹トレーニング20』が合っているようです。今までのスポーツ歴は長いですが、身体やトレーニングのことにそこまで詳しいわけではありません。しかし、感覚的に“効いている”ように思います。

そして、長友佑都選手のこの本の中で「使える筋肉」という表現をされていますが、実用的なものこそ美しいのではないかとも思います。アウトドアブランドのモンベルのページに以下のような文章が載っています。

1975年、辰野勇は2人の山仲間、真崎文明、増尾幸子と共に「株式会社モンベル」を設立しました。
以来“Function is Beauty(機能美)”と“Light & Fast(軽量と迅速)”をコンセプトに商品開発を行っています。モンベルの歴史は、近年のアウトドア用品の進化の歴史といっても過言ではありません。(太字は引用者) 

(モンベル公式サイトから→https://about.montbell.jp/ )

また「堕落論」で知られる坂口安吾も「日本文化私観」の中で、自身が見た小菅刑務所とドライアイス工場と軍艦についての「美しさの正体」について、「美しくするために加工した美しさが、一切ない。(中略)『やむべからざる実質』がもとめたところの独自の形態が、美を生むのだ。」と書いています。

実用的なものこそが美しい、そんなことを長友佑都選手の『体幹トレーニング20』のメニューを読み、メニューを実践して改めて考えてしまいました。

 何だか最後の方は小難しくなってしまった感もありますが、『体幹トレーニング20』のブックレビューでした。

書誌情報→『『体幹トレーニング20』』・長友佑都著・KKベストセラーズ・2014年4月5日発行

*KKベストセラーズのHPを検索してみたのですが、この本について掲載されていませんでした。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました