図書館司書の転職記・その3~所感編~

ブログをご訪問いただきありがとうございます。

今回は「図書館司書の転職記・その3~所感編~」として、転職活動の中で感じたことや考えたことをまとめてみようと思います。

前回、前々回のエントリーは下記をご覧ください。

図書館司書の転職記・その1~前提編~

図書館司書の転職記・その2~実行編~

図書館司書からの転職活動は、私にとって非常によい経験となったと感じています。それは私の中での見聞が広がったこと、また自分自身を転職市場という場に出したことで見えてきた部分でもあります。

転職活動を始めるまでは、正直に言って不安が大きかった。学生時代にきちんと「就活」をしていなかったこともあって、就職活動について未知数な感触があったことが尚更に不安を強くしていたのではないかと思います。また、過去に正規職員として働いた経験がなく、そのことも不安を煽る一因でした。

しかし転職活動を始めてみて、思っていた以上に手応えがありました。幾つか応募した企業の中で書類選考を幾つか通過したのです。業種は広報であったり、営業であったり福祉の仕事であったりしたのですが。全く箸にも棒にも引っかからない状態ではなかった。それは、私が文章を書くのが得意で書類を上手く作れたからかもしれないし、学歴が評価されたのかもしれないし、今までの来歴が評価されたのかもしれないし、その業種の面から言って需要が高かったからかもしれない。そこには様々な理由が相俟っていたとは思います。

今まで図書館司書の正規職員に手当たり次第にと言ってもいいくらいに応募していて悉く書類で弾かれていた中で。面接までいけるということが自信を与えてくれました。年齢や今までのキャリアを鑑みて、少し悲観的になっていたところをあったのですが、それらの不安は良い意味で裏切られました。

この世の中には本当に様々な仕事があるんだと気付かされたことに大きな意義がありました。図書館だけが世界ではないし、今まで図書館でしか働いたことがないからといって図書館に拘ることはない、そんなことを改めて気付かされた思いです。図書館業界も言ってしまえば一つのローカルな業界であり、そこに拘泥していた自分の愚かさを発見が出来たこと、また外の世界に出ても何とかならないことはないと実感が出来たことは大きな収穫でした。

その流れで言えば、私自身の年収が低過ぎるという現実も目の当たりにしました。転職サイトの求人には年収や各種手当等が詳しく記されているのですが、自分自身が働いていた待遇と突き合わせてみた時に「うわー!」となりました。非正規とは言え管理職として働いていたのにも関わらず、流石にこの年収ではヤバいなと実感しました。直近で私が働いていたところが云々というわけではなく、図書館業界全体の問題としてのことだとは思うのですが。

また例えば、司書の正規職員の求人が出ても、給与の面では「規定による」としか書かれていないことが多い。でもそれって、あまりフェアではないと思うようになりました。私が結果的に転職したところでは、「年収を今現在より下げない」という考えを伝えたところ、電卓を出して基本給が幾ら、各種手当が幾らと計算をして、大体の給与の額を示してくれました。シビアだなあと思う反面、働くということはこれくらいシビアでないといけないなと感じました。今の図書館業界では「正規職員の司書」というだけで応募は多数あるとは思うので、そこはどうなんだろうかという感じです。

自分自身を転職市場という場に出してみる、それは一つの気付きを得られる良い機会だと思いました。前回のエントリーでも少し書きましたが、「『図書館』という枠組みを外してみた時に、何が残り、何を強みになるかを検証する過程」は、自分を見つめ直すことが出来たように思います。

また、外からの図書館業界のイメージを知ることが出来たのも新しい気付きでした。決まって「本がお好きなんですね」というようなことを言われる。自分自身が思っていた以上に、そんなイメージは根強いのだなと痛感させられました。図書館で働くイコール本が好き、というステレオタイプなイメージ…。図書館業界は、もっと外に向けて発信・PRしていくことが必要なのではと改めて思いました。

そろそろ、まとめに入ります。先にも書いたように私は学生時代にきちんと「就活」をしていなかった。そのことを補完する意味で今回の転職は大きな意味があったのではないかと思います。新卒の頃とは違ってネームバリューのあるところには入れなかったかもしれない、長く学生をやっていたせいで「失われた年月」のようなものがあるのかもしれない、でも自分はこの選択肢を積極的に選び取ったし、そのためには今までのプロセスが必要だったのだと思いたい。

そんな想いを胸にして、これから頑張っていきたいと思います。

長くなってしまいましたが、ここまでお読みいただき、本当にありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です