図書館司書の転職記・その2~実行編~

図書館司書の転職記録、今回はその1に引き続いて「その2~実行編~」です。今回は転職を決意してからどのようにして転職活動を行ったのか、その記録をまとめたいと思います。

前回の転職に至った経緯について書いた「図書館司書の転職記・その1~前提編~」を参照ください。下記のリンクになります。

図書館司書の転職記・その1~前提編~

転職することを決意したのが2017年の終わり頃、その際に下の4つを自分自身の中で条件として設定しました。

①図書館という枠組みを外すこと

今までは図書館での正規雇用ありきという考え方でした。しかし、その考え方のままで一向にらちが明かない。そこで考え方を反転させて、今まで以上に稼ぐことありきの職場に移れるよう、考え方の優先順位を設定し直しました。図書館職員としての正規雇用といっても、公共、大学、学校、専門など様々図書館があり、法的にみてお異なるもので規定されている通り、館種によって求められるスキルや専門性も異なってきます。それらを正規職員という枠組みで括ってしまうのは、少し乱暴なのではないかという思いもありました。

②2018年の4月1日からは新しい職場で働くこと

無理にでも期限を切ることによって、そこから逆算することになりスケジュールが組み立てやすくなりますし、自分自身に良い意味でプレッシャーを与えることが出来ると考えました。また、図書館職員の正規雇用の求人が出る度に応募していたように、その都度その都度ではなく、転職する前提で物事を運ぼうという気持もありました。自分自身を完全に「転職する」という状態にもっていくということです。

③年収を今現在より下げないこと

転職しようと決意した前提を考えてみれば言わずもがなです。

④昇給等の、頑張っただけのインセンティブがあること

今まで図書館職員として非正規雇用という条件で働いてきた中での、働くこと自体のモチベーションに関わる問題でした。図書館業務の中でイベントなどの業務は増えていく、そんな中で自分自身がスキルアップしていっても昇給等の見返りがないために、働くモチベーションに決して少なくはない影響を与えていました。

 

では実際にどのように転職活動をしたのか、それは至ってシンプルです。転職サイトに登録し、職務経歴書、自己PR、Web履歴書なども転職サイトに登録しました。そして、身近な人、時にはハローワークの窓口の人にも相談に乗ってもらいながら、様々な求人に応募するという形でした。大変だったのは、業種をどうするかということです。転職を決意して期限を切っても、図書館という枠組みを外してみた時に自分自身がどんな仕事がよいのかというところから模索しなければならなかった。それは、私から「図書館」という枠組みを外してみた時に、何が残り、何を強みになるかを検証する過程でもあります。企画広報の仕事、教育系ということで大学職員、出版社、営業…。様々な業種に応募しましたが、それは自分自身の中で対話しながら、また周りの人の意見も判断材料にしながら手探りでという状況でした。

ここで結果を言ってしまえば、社会福祉の仕事に就くことになりました。福祉の仕事というとまた「給料が安い」というイメージがあるかもしれませんが、私が転職サイトを見ていた感覚では「思ったよりも安くはない」という範疇でしたし、また賞与や住宅手当等の待遇も一般的にある。一般的な企業に比べれば安いと思うのかもしれませんが、図書館職員として非正規で働くことを考えればずっと恵まれています。また、私自身の性格や特長を鑑みても、この仕事は向いているのではないかという感触があったことも大きな理由です。

そして、結果的に4月1日から」新しい職場に移ることが出来ました。

さて、このエントリーでは、実際に転職活動をしてみての流れについて書いてみました。

次のエントリーでは「所感編」として、転職活動をする中で、様々に悩み、色々と考え、また感じたことを書いてみたいと思っています。

ここまでお読みいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です